妊娠線を作りたくない場合の予防方法

HOME

妊娠線を作りたくない場合の予防方法

出産する妊婦さんが作りたくないと悩む症状として、妊娠線が有ります。これは、妊婦さんのお腹が大きくなるにつれて、皮膚にできるみみず腫れのような亀裂のことです。そもそもわたし達人間の皮膚は、上から表皮、真皮、皮下組織という3種類の組織でできています。妊娠して胎児が成長すると、お腹の皮膚が次第に伸びていきます。この時、皮膚の表皮は胎児の成長に合わせて伸びることができます。しかし、表皮の下にある真皮や皮下組織は、なかなか伸びにくいという性質が有ります。急激にお腹が膨らむ時に、皮膚の柔軟性が足りないのです。そのため、無理やり引き伸ばされることで、真皮に亀裂が生じてしまいます。これが、妊娠線の症状となって現れるというわけです。最初の頃は、皮膚に鉛筆で描いたような細い赤紫のラインが出ます。ですが、時間が経つにつれて、赤紫から白っぽくなります。この線は皮膚に一度できると、どんなにお手入れしてもなかなか消すことができません。どうしても消したい場合は、専門のクリニックでの手術が必要となります。なので、妊娠している方は後悔しないためにきちんと予防する必要が有ります。
これから、作りたくないという方に、妊娠線の予防方法をお教えします。まず大切なことは、皮膚を乾燥させないようにクリームで保湿することです。水分がなく乾燥した肌だと、胎児が成長して皮膚が無理やり引っ張られると亀裂ができやすくなります。しかし、きちんとクリームで手入れして肌をしっかりと保湿すれば、肌が潤った状態になります。肌に弾力が出るので、無理やり引っ張っても亀裂ができにくくなります。したがって、きちんと毎日、保湿ケアを行うことで、肌をきれいに保つことができます。
お手入れの方法は、夜、お風呂上がりや朝起きたときに体の至る所にクリームを塗っていきます。妊娠線は、お腹だけでなく、胸、お尻、太もも、二の腕など体のいたるところにできます。なので、抜かりなく塗っていくことがポイントです。お腹に塗るときは、下腹部から上に向かって手のひら全体でマッサージしながら行うと効果的です。塗る時のコツは、絶対にクリームをケチらないことです。なかには、もったいなくてクリームを少ししか使わない方が多くいます。ですが、ケチると全く効果がなくなります。なので、作りたくないなら、これでもかというくらいクリームをたっぷり手にとって、まんべんなく塗ったほうが良いです。このクリームによるケア方法は、早ければ早いほど効果が現れやすいです。なので、妊娠が分かったら、すぐに始めると良いです。最低でも、お腹が大きくなる5、6か月頃からケアを始めたほうが良いです。
クリームを選ぶ時の注意点は、なるべく刺激の少ないものを使用したほうが良いです。というのも、お腹の中に胎児がいるので、刺激の強い商品は何らかの異常を体に生じさせる恐れが有るからです。昨今では、妊娠線の予防の専用のクリームがいろいろなメーカーから販売されています。それらを購入すれば、全く問題はないです。
その他の予防方法として、食事面で気をつける方法が有ります。それは、なるべく食事でコラーゲンとビタミンCをたくさん摂るようにする事です。そもそもビタミンCやコラーゲンには、肌に潤いを与える効果が有ります。しかし、お腹に赤ちゃんができると、胎児によってそれらの成分は大量に消費されてしまいます。その結果、皮膚が乾燥しやすくなって、妊娠線ができ安くなるのです。なので、外から、鶏皮やスイカなどのフルーツをしっかり食べて、積極的に摂る事が大事です。
妊娠して出産の予定が有る方は、上記の方法を参考にすることをおすすめします。